法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律について考えてみよう

法律と聞いて、何だか小難しくて分かりにくいと思っている人も多いと思います。法律とは簡単に言って、ルールのようなものです。例えば、サッカーや野球などをするにもルールは必要です。何か問題があった時、そのルールに従えば解決へと導いてくれるのです。つまり、法律とは我々の住む社会に秩序を与え、法に基づいて人間の幸福を守ることを目的としています。

日本での法律の誕生は、1889年の大日本帝国憲法です。1853年の開国以来、近代化を進めるため、欧米式の法制度を整備する必要を迫られていました。国際社会の一員となるために、法整備は重要な位置づけだったのです。大日本帝国憲法は現行の憲法とは異なる特徴があり、天皇が国の政治のあり方を決め、国民の人権は天皇から与えれられるとされていました。そして、昭和21年に新たに日本国憲法が制定され、現代まで続いています。では、現代の法律において、国民を規制するルールを作っているのは誰なのか説明します。それは、国会議員や内閣などから作られる国家権力です。法律とは、国家が国民に対して、権利や自由を制限するためのものという側面も持っているのです。

国民の権利や自由を制限する面も有する法律ですが、法律というルールがあるからこそ、社会は一定の安定と秩序を保つことができるのです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.