法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

社会保険関係の法律を理解する

社会保険といえば、健康保険や年金、そして雇用保険や介護保険といった分野が対象です。公的な社会保険にはそれぞれに対応した法律があります。それらの法律そのものを勉強する機会というのは、私達はほとんどありませんでした。それでも、選挙や税金の仕組みに関しては多少は中学校レベルでほんの少し触れるということはあったかもしれません。しかし、社会保険関連の知識は、まったくといっていいほど勉強することはありませんでした。

そうした学生時代を経て社会に出てみて感じることは、こういった社会保険の仕組みをしっかり理解しているかどうかは、自分が安心して暮らせるのか、不安ばかり感じて生きているのかという大きな境目になると感じています。自分が困った時にセーフティーネットになるのが社会保険ですから、そのネットがどのように張られているのかを理解しておけば安心して暮らせるという訳です。

しかし、こういった制度をしっかり把握しようとするのは時間も労力もかかります。そういった人達のために、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーなどのこの道の専門家が主催するセミナーなどがありますし、初心者でも読めるように編集されている書籍があります。まずはそういったところから勉強していけばよいと思います。いきなり法律の勉強という位置づけで初めてしまうとハードルが高すぎるかもしれません。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.