法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

兄弟間の相続の慰留に関する法律

相続においては順位があるとされます。まず夫婦の場合であれば、配偶者が必ずトップになります。その次に子供です。そしてその次に親になります。子どもや親がいなければ兄弟が相続することもあります。それ以外については特に決められていません。子供の子供である孫については、子供がすでに死亡している場合には引き継がれることになります。そのために親などには渡らなくなります。遺言書があれば、それを優先して相続が行われます。

ある兄弟においては、一方は非常に働いて財をなしていました。ところが配偶者、子供、親はすでにいません。兄弟のもう一方は働いておらず、特に財産などもないようです。結婚をしていないので配偶者も子供もいない状態です。もしこの働き者の男性が亡くなったとき、法定相続人としてはこのもう一人の兄弟のみとなります。働き者の人にとってはあまり兄弟に財産を残したくありません。法律上はどのようにすればいいのでしょうか。

まず遺言書で兄弟以外の人に財産を相続させる旨を記載します。寄付をするとか、お世話になっている人に渡すなどです。それだけで兄弟には相続されません。兄弟には遺留分がないからです。遺言書に問題がなければその通りになります。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.