法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

キャンペーンが終わっている時の法律相談

お店などにおいてよくキャンペーンが行われることがあります。通常1万円のところを半額の5千円などとしていることがあります。当然それにつられて来店をして実際にお願いすることもあると思います。あるときもそのようなキャンペーンがあったのでレジに持って行きました。てっきり5千円と思っていたのに1万円ですと言われてしまいました。確かキャンペーンがあるはずですがと聞いたのですが、以前はやっていましたが今はやっていませんと言われました。

商品の場合でしたらそれは要りませんと済ませることができます。しかしサービスを受けたりする場合、すでにそのサービスは受けているので要りませんでは済まされません。キャンペーン金額だと思って利用したのにそうでなかった場合にいくら支払えばいいかの法律相談になります。まずこのキャンペーンのポスターなり案内の表示になります。店内にこれが貼られている場合、利用者からすると錯誤する可能性が高くなり、キャンペーン金額の適用の可能性があります。

一方ダイレクトメール等の場合は見間違いとはいえます。そのダイレクトメールに期間などがはっきり記載されていない場合はお店側の問題になるかもしれません。それにより金額も半額しか払わなくていい場合があります。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.