法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

親族同士の結婚における法律問題

結婚は、気のあった男女において行われるものです。法律上は男性18歳以上、女性16歳以上、重婚はできない、女性は離婚後6箇月は再婚ができないなどが決められています。更に親族間の結婚についても決められていて、3親等内の結婚をすることはできません。4親等であれば可能です。自分自身とおばさんやおじさんなどとは結婚することはできませんが、いとこであれば結婚することができます。そういったケースはよくあることでしょう。

では婿養子とはどのようになっているのでしょうか。女性ばかりの姉妹の家庭において男性に家を継いでもらいたい場合があります。この時に養子として男性を迎えます。そしてその姉妹のうちの誰かと結婚をするような形です。養子の成り方としては姉妹の兄弟の場合もありますし、親と同等の場合もあります。1親等から2親等になってしまいますから、こうなると結婚をすることができないのではないかと見られることがあります。

親族に関しては直系血族、三親等内の傍系血族の間では結婚できないとされます。しかし養子などについてはこの限りではないとされています。例外になっていますからどんどん結婚をすることができます。婿養子に関しては、今でも行える仕組みです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.