法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

遺言書に後の変更ができない旨を記載した時の法律相談

相続を巡ってはそれまで仲の良かった兄弟が争うようになると言われています。少額の話であれば問題ないのでしょうが、それによって将来の生活がかかるとなると誰でも眼の色を変えるでしょう。兄弟であれば通常は同等に配分されること異なるのですが、遺言があればその内容についても変更することが可能になります。例えば兄に全財産を相続すると記載することも可能です。こうしても多少は他の兄弟に相続されるような決まりになっています。

遺言書がどのように作成されたかについては、当事者しかわかりません。あるかも知れないのが、相続される側が無理矢理に書かせるような場合です。自分に有利になるような内容に記載させる場合があります。この時において法律においてはどのような決まりがあるのでしょうか。まずは後の変更ができないと先の遺言書に記載した場合です。このように記載したとしても、後に記載したものが有効になるとされています。

また、遺言書の中に遺言書を取り消さない旨の記載をした場合においてはその部分が無効になります。の地に作成したものが必ず有効になるのですから、この記載をすること自体が無意味になります。事前に作成する場合には、できれば家族と話し合って行うのがいいのでしょう。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.