法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

自転車に関しての法律

東日本大震災の影響もあり、最近では自転車を使用している方が増加しつつあります。自転車は、日本では免許なしで運転することができ、価格も手ごろなので非常に使い勝手の良い乗り物です。しかし、自転車も法律上は傾斜量ですから、当然道路交通法に従って運転する必要があります。しかし、この法律をあまり知らない方が、意外にも多いのが現実です。

自転車では、いくつもの禁止事項が法律上で定められています。まずは、雨が降っているときに傘を片手で刺しながら運転している方がよくいますが、実はこれは法律違反です。基本的には両手できちんと運転しなければなりませんから、片手で傘を持ってはいけません。しかも、傘が通行人や自動車の視界の妨げになることもあります。また、基本的には歩道は走行できません。歩道は歩行者が通行する場所ですから、自転車は押して通行することになります。運転するのであれば、道路上を運転することが原則です。しかし、自転車も通行可能な歩道もありますから、この場合には例外的な規則になります。

自転車に関しての法律はまだまだたくさんあります。違反すると、最悪の場合には出頭しなければならないこともあります。禁止行為が多く定められていますから、しっかりと勉強してから乗車したいものです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.