法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律相談をするところについて

法律相談というのは、できるところが意外と多いです。例えば、司法書士とかファイナンシャルプランナー、通関士、社会労務士、海事代理士などそれぞれに出来る範囲は決まっているのですが、色々と法曹資格があります。日本はとにかく法曹資格が細分化されている国としても有名であり、だから、色々なところに依頼することができるのです。もちろん、ないようにもよることではあります。そして、どんな法律業務でも請け負うことができるのが、弁護士です。意外かもしれませんが、実は会計士や税理士関係の仕事も弁護士は請け負うことが出来ます。税法、という法律に関係してくるからです。つまりは、すべての法律のスペシャリストが弁護士なのです。ですから、何か法律で困ったときにはとりあえず弁護士事務所に相談することです。それで大抵のことは解決することになります。

ちなみに料金ですが、別に一律ではありませんから、そのあたりは覚悟しておくことです。最初にいくらかかるのか、ということを教えてくれます。要するに見積りを出してもらうことはできますから、それは安心してよいです。そして、依頼するかどうか、と言うことを決めることができるわけです。ちなみに相談でもお金がかかることがあります。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.