法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律というものには六法というのが

よく六本というものがありますが、これは日本国憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法です。こうした法律のほかにも色々とあるのですが、とりあえずこの六つの法律が基本的なものであるといえます。よく覚えておくことです。法曹家というのは、これらを熟知している必要があります。日本の場合は弁護士、ということになります。弁護士というのは、あらゆる法律業務をすることができるのです。ちなみに日本の場合は資格でかなり法律業務が細分化されているのです。司法書士とか行政書士とか通関士とかそうした資格に分けられています。弁護士は完全に別格です。法律で困ったことがあったら、とりあえず弁護士に依頼すると良いです。

登記関係であれば、司法書士です。行政書士は行政に提出する書類を代書してもらうことができる人です。通関士は通関関係、交易関係です。それぞれ、難易度がまったく違う資格になります。法律というものは、弱い者の味方、というわけではなく、知っている人の味方、といってもよいです。ですから、基本的には自分でも知識を持っていた方が良いです。ですから、最終的には弁護士に依頼するとしても法律知識は持っていた方が何かと役に立ちます。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.