法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律関係の国家資格について

法律関係の資格には、弁護士や司法書士、行政書士などの国家資格があります。弁護士は日本の国家資格の中では最難関の資格で、高い社会的地位が得られます。弁護士になるためには大学の法学部や法科大学院で法律の勉強をし、司法試験に合格することが必要です。弁護士資格を取った後は、先輩の弁護士の事務所や弁護士法人などで働いた後に、自分の事務所を開業するケースが多いです。

法律関係の資格のうち司法書士は、不動産登記や商業登記の申請手続きの代行を行ったり、契約書などの法律関係の書類の作成を行います。訴訟行為の代理は行うことはできませんが、認定司法書士の資格を取得すると、簡易裁判所での訴訟行為に限って代理人になることができます。司法書士は、他の司法書士事務所で働いた後に独立開業する人が多いです。最近は、数人の司法書士が集まって、司法書士法人を設立して業務を行うケースが増えています。

行政書士も法律関係の国家資格になります。行政書士になるためには、国家試験の行政書士試験に合格することが必要になります。行政書士の仕事は、行政に提出する書類の作成が主な業務になります。行政書士も弁護士や司法書士と同様、独立開業するケースが多いです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.