法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律の成立過程と政権の考え

日本の法律は、唯一国会でのみ成立します。内閣から出される法案が多数ですが、議員立法もあります。いずれにしても、委員会で審議された後、衆議院、参議院で最終的に議決されます。これは、国会に占める議員数が大きい政党が法律を制定しやすいということであり、自分たちの考えを法律という形で実現していくことになります。国会議員は、国民の投票によって選出されていますので、国会議員は国民の負託を受けて投票行動で意思表示を行うことになりますが、場合によっては、選挙時と社会経済情勢が変化し、新たな争点が出てきた場合には、現状の議席で法律をつくらず、選挙をやって国民に信を問うということもあります。

今回の選挙もそれに近い形があるかもしれません。ただ、法律というものは国民にとってあまりなじみが深いものでありません。また、政党間での考え方も似通っている部分がありますので、政策的に相違があるときに政党間の調整が行われて、野党でもあっても与党の修正案に賛成したりすることもあります。最終的に法律で定められても、その具体的な内容は、政令なり、省令なりで決められることが多いので、国民の信を問われない官僚が実質的な法律を動かしていることになります。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.