法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

死亡保険金は法律で遺産分割の対象にならないと定められています

自分が亡くなった後家族の為に生命保険に加入している人は多いのですが、この死亡保険金が遺産分割の時に争いの対象になることがあります。生命保険金は遺産の中に含まれていて相続人で分けるものと思っている人が多いからです。法律的には保険金は受け取った人の財産とみなされ、遺産分割の対象にはなりません。1人だけ沢山財産を貰えて不公平なようですが、法律で定められている事です。保険金を平等に分けるつもりなら、全員を受取人にしておく必要があります。たとえ法律的には正しくても1人にだけ保険金を残すと、相続人の間で感情的なしこりなどが残る事があるので、あらかじめ納得いくように家族に話しておいたほうが良いと言えます。また残された遺産がほぼ保険金しかないような場合には、余りに不平等なので遺産分割の対象になることもあります。

また働いている人の場合には死亡退職金が支払われますが、これも相続人全員で分けるものではなく受け取った人の物になります。誰が死亡退職金を受け取るのかは会社によって違います。お金が絡むとたとえ家族の間でも関係性が悪くなることがあるので遺言書を作っておいたり、生きているうちに話をしておく事が大切です。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.