法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律の役割と国会議員の役割。

法律とは簡単に言えばルールや決め事で、秩序や人権を守る為に国民を強制するものです。法律がなければ犯罪が増えるだけでなく、さまざまな福祉や教育、弱者を守る事もなく国としての機能は完全にストップしてしまいます。そんな大切な法律を決めているのが国会議員の仕事です。重要な役割を任す相手なのですから、国民が国会議員を選挙で選びます。もし、自由に誰でも国会議員になれたら、とんでもない法律が出来てしまいます。ですからよく考えて投票する事が大切です。もしそれでも、無茶な法律を作ろうとした場合にストップをかけるのが憲法です。憲法は法律よりも力を持ち、憲法に反する法律は作る事は出来ません。

時代に合わせて法律は変わります。なかなか普通の生活をしていたのでは法律を理解するのは難しくなってきます。そこで法律を勉強し、法律のプロである弁護士という職業があります。難関と言われる司法試験に合格し、訴訟問題や法的書類の作成やさまざまな法律相談を専門とする仕事です。その他にも、書類作成を専門とする司法書士や、行政書士など法律に密接に関係する職業は数多くあります。法律の事でわからない事や困った事があればプロに相談するのが1番だと思います。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.