法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律の学習の進め方について

私たちの社会生活は法律によって秩序が保たれています。自分の生活に密接に関係している法律ですが詳しい知識があるのは一部の専門家に限られているのが現実です。しかし実際に自分が法律を知っているかいないかで損をしたり得をしたりもするので知識はあった方がよいです。どのように法律を勉強するかですが、まず六法全書の条文を片っ端から暗記するなどは無駄なことです。条文は堅い文章で解りにくいものでそれだけ読んで十分理解するのは不可能です。

そこで簡単な入門書やネットならば入門者向けのサイトを探して勉強を始めましょう。できるだけ具体例に沿って解説しているものが良く、また抽象的な概念を視覚的に図解して解りやすくしてあるものが良いです。法律は膨大な量があって例えば民法なら1000を超える条文から出来ています。まず全体をさらっと学習します。その時全体のどの部分を今やっているのかを意識して学習を進めてください。体系的に覚えることが重要だからです。学習を進めるうちに今まで出てきたことに関連することがまた出てきます。その時はまた立ち戻っておさらいするとより理解が深まります。全体をさらっと学習したら次は少し細かく深く見ていきます。関連する判例も一緒に覚えると良いです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.