法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

民事訴訟法という法律の概略について

民事訴訟法とは、個人間もしくは個人と法人等との間で争われている出来事について裁判所を通じて解決することを狙いとした手続法であり、一番身近な訴訟に関する法律とされています。トラブルが発生した場合、裁判を通じて問題解決することが多いそうです。例えば、金銭債権を有する人が債務者から強制的に債務を利用するように促すにはどうしても訴えを提起して実現した方が無難なようです。裁判所に金銭債権について権利実現する場合、訴額が140万円以下の場合は簡易裁判所を通じて、その額を超える場合は地方裁判所を通じて裁判をすることになります。裁判が開始された場合、当事者双方が公開法廷に出席して口頭で自分の言い分を述べることになります。被告が欠席した場合については、原告の訴えが認められることになります。これは擬制自白といって、被告が欠席もしくは争う姿勢を見せなかった場合は裁判所は自白したものとして扱うことができる法律効果のことをいいます。また、訴訟して勝訴判決を得た場合であっても、被告は上訴できます。上訴は、第二審に訴える控訴、三審目は上告となります。上告は、一審目が簡易裁判所である場合は高等裁判所となり、一審目が地裁だと最高裁判所となります。最高裁判所は首都に一カ所だけ在り、高裁については主要都市及び地方都市で主なものに支部が在ります。また、裁判所が出した判決は法的拘束力が在り、原則として当事者は判決に従うことになります。なお、判決が妥当性を欠く場合であっても、拘束力が在るので従うことになります。

訴訟をし、裁判をすることになった場合、裁判は裁判所の公開法廷で行われることになります。当事者以外であっても出席することができ、公開されている法廷で当事者は攻防をすることになり、裁判官によって判決が下されることになります。裁判を行う場合、予め裁判所から当事者双方に呼び出し状等が郵送されることになります。これに従わないことには、権利実現もしくは反論等はできないことになります。また、裁判所は平日に行くことができ、それ以外は閉所されることになります。

裁判は、基本的に長い時間が掛かります。これは、公正且つ適法に行われるためであって、証拠収集をして判決を得ていくのには時間が掛かるのが一般的であるとされているからです。判決が出る場合の裁判は、慎重に行われることになっており、当事者双方は比較的長期間、拘束されることになります。判決を出す裁判以外にも、比較的短時間で権利実現をできるタイプの裁判が在ります。決定に基づく場合の裁判では、書面提出をして迅速に裁判を終了することができることになります。決定に基づく裁判は民事執行法の場合となります。また、刑法でも証拠が明らかで裁判に要する時間が短いと判断された場合は、決定による裁判となります。決定に基づく裁判の場合、上訴等は抗告ということになります。裁判所に抗告するのが一週間以内である場合については即時抗告ということになり、手続きは簡略であるとされています。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.