法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

夫婦の法律問題を解く

夫婦の間において、なんらかのトラブルが発生することがあります。多くの夫婦が何かしら問題を抱えながら生活をともにしているわけですが、夫婦生活も長くなりますと簡単には片付かない問題も浮上してくるものなのです。その時に当人同士でうまく解決できればよいのですが、そうできないことも多々とあるわけです。そうなると誰かにでも、相談をしなければ解決へと話は進んでいかないのです。内容にもよりますが、どちらかの不貞行為が発覚したとか、DVをうけているなどは法律が関与してくることになります。

法律に関わってくることになりますと、自分たちだけの話し合いでは解決もできなくなります。専門家を訪ねて行く必要が出てくるのです。それで話がうまくまとまればよいのですが、いつまでも平行線のままという夫婦もたくさんいるのです。何が障害かといいますと、一番は子供であります。子供のことを無視して、話しを進めるわけにはいきません。子供がいなければ、ほとんどの場合問題ないといってもよいのです。親権は、どちらがとるかでもめるわけです。かわいそうなのは何も罪のない子供であり、それに巻き込まれるなどというのは大人の身勝手な行動であるわけです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.