法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律はなくてはならないもの

法律は法治国家にとってはなくてはならないものです。これにのっとって、制度が決まって行きます。ずっと同じものだということはないですね。どんどん変更して行くのも法律です。今の社会の中で上手く機能出来るように変更されて行きます。市民からの要望というのも聞かれたりしますなので、そういう声というのは大事です。その声をきちんと反映してくれる人が、議員になったらいいなと思います。なかなか市民の声は届かないので、もしも法律が変わっても、気づかない人も多いと思います。生活に支障がでるものでなかったら気づかないですね。

よく変わるなと感じる時は、子供の児童手当です。数年は変わらなかったですが、ここ最近はよくその名称も変わるし、金額も変わってきます。これに関するものがどんどん変更されていると言うことになるんですね。たくさんもらえるようになったと喜んでも、他で差し引かれていたりします。そういうのも変更が行われています。こういう税制というのはここ数年、本当に細かく変化していってます。その都度多く税金を払う時もあれば、少なくて済むこともあります。こういうものが市民の生活に密着してるなと感じます。この辺でないと変更は気づきませんね。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.