法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

日本における法律の専門家

法律の専門家にもいろいろあります。行政書士、司法書士あたりもその範疇に入ってきますが、日本で法律の専門家と言えば、司法試験に合格した人しかなることができない裁判官、検察官、弁護士のいわゆる法曹三職が一般的です。町の法律家としては、行政書士、司法書士、弁護士となりますが、取り扱うことができるレベルによって区別されています。一般庶民にとっては、法律は馴染みがあるものではありません。例えば、アパートを借りたりするような賃貸借契約も民法、あるいは民法の特別法である借地借家法に基づいて行われますが、これらの法律を意識して契約する人はそうそういません。

通常の場合、そういったことで十分に対応できますが、何か法的な問題が生じたときに登場するのが法律家です。法律を事案に適用して救済する方策がないかを検討してもらい、依頼人の権利を守るのがその任務です。裁判官や検察官は、公的な秩序を守るということもでてきます。刑事法などはそうですが、民事関係であっても判例として蓄積されれば、拘束力が生じ、法源となっていきます。権利をめぐっては、少なくとも自分と相手方の当事者がいますので、お互いの権利義務関係をはっきりさせるのが法律家の役割です。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.