法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

犯罪の要因と法律の必要性

犯罪を犯す因子は遺伝と環境のどちらに多く含まれているのか?そんな疑問を紐解く為に一昔前には一卵性双子での実験が行われたそうです。離婚などにより別々に暮らしている双子の追跡調査で一卵性なら同じ遺伝子だから、片方が犯罪者になればそれは環境に問題があったと言えるからです。現代においては、犯罪者の要因というのは遺伝と環境、そのどちらにも関わりがあると判明しています。何故なら同じ環境下にあっても犯罪を犯す人とそうでない人が存在するからです。勿論遺伝も多少なりとも人の性格、本質に関わってくるといえます。そして犯罪を抑制する効果があるものが法律だということが出来るでしょう。

犯罪の要因が遺伝であっても環境であっても、悪いことをしたら罰せられるという法律があるから社会は機能しているのです。もし法がなければこの世界は無秩序でなんでもありになってしまいます。勿論法律があっても、それを破る人は存在しますし、犯罪はなくなりません。だけど犯罪は割に合わないと思ったら止めておこうと思う人だって存在するのも事実なのです。しかし何故人は犯罪を起こすのか、何故人は人を殺すのか、同種で殺し合いをする動物は人間だけなのだそうです。だからこそ法は必要なのだと私は思います。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.