法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

法律を知ることで強みとなる

法律を知っていくことによって生活をするための知識を身につくことができるだけでなく、いろんな資格を取ることもできます。もちろん、法律関連の資格なので、どれも簡単に取得できるものではありませんが、でも資格を取ることによって独立できる仕事をすることができることもあります。たとえば司法書士や行政書士は、受験資格に年齢制限がありませんので、法律の知識に自信があるのであれば資格取得にチャレンジしてみるとよいかもしれません。ほかにも法律に関連する資格は、細かいジャンルに分けられますと、宅建、社労士、会計士など、いろんなものがあったりします。

民主主義国家である日本なので、民主主義の行ないの1つとしてある法治主義ならば法律を知っていることで大きな強みとなります。法治主義とは法律に従って生きていく考え方でして、法律をちゃんと知っている人ほど生活の知識を身に着けている人となるのです。もちろん、六法全書を読んだりしますと法律はたくさんありすぎて、すべての決まりを覚えることができるのはほんの一握りの人かもしれませんが、ある程度知ることで、その知識は生活上大きな強みとなっていくので、知るにこしたことはありません。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.