法律の役割とその運用について

法律の役割とその運用について

賃貸物件を借りる時の法律問題

法律と聞きますと自分には関係ないと思う人も多いと思いますが、例えば賃貸アパートやマンションを借りる際にも法律は関係してきます。すべてを知ろうとすると難しいものもありますが、契約をしたりする場合には知識などを持つと何か問題があっても対処できますし、心に余裕も生まれます。

賃貸物件では、例えば宅地建物取引業法という法律に従って契約が行われます。契約に先立って説明を受ける重要事項説明書というものがありますが、これは業法に定められた通り、宅地建物取引主任者が説明をするように定められています。また、借地借家法というものがありますが、物件を借りる借主に対して貸主が自由に貸した家を出て行ってもらったりできないように借主が保護される法律もあります。また、消費者契約法では、事業者が不適切な行為をして消費者が誤解をしたまま契約を締結した場合契約を取り消したりできるというように定められていたり、消費者にとってあまりにも不当な条項などに対して取り消しができるなど、消費者にとって安心できる法律になります。

法律と言うのはこのように何かから守ってくれるという意味合いもあり、私たちにとってとても大切なものになるのです。

Copyright (C)2019法律の役割とその運用について.All rights reserved.